「Windows」カテゴリーアーカイブ

WindowsでiOSのSafariで開いたページをデバッグする

iPhoneやiPad(以下、iOSデバイス)を持っているなら、Macを持っていなくても、WindowsからSafariで開いたページのデバッグができる。その方法を書いていく。

検証環境

  • Windows10
  • iOS13

手順

  1. iOSデバイスのSafariのWebインスペクタを有効化する。設定->Safari->詳細

  2. WindowsPCにiTunesをインストール。Store版ではなく従来のソフト版をダウンロードする。

  3. ios-webkit-debug-proxyやremotedebug-ios-webkit-adapterをインストールするためにscoopをインストール

    scoopとは、簡単に例えると、Homebrew、apt-get、yumなどのWindows版だ。

    WindowsでPowerShellを開き以下のコマンドを実行するとscoopがインストールされる。

    Set-ExecutionPolicy RemoteSigned -Scope CurrentUser -Force
    iwr -useb get.scoop.sh | iex
    

    インストールできたらscoopからgitをインストールする

    scoop install git
    

    scoopにextras bucketを追加して、様々なアプリをインストールできるようにする。

    scoop bucket add extras
    
  4. scoopからios-webkit-debug-proxyをインストール

    scoop install ios-webkit-debug-proxy
    
  5. scoopからnodejsをインストール

    scoop install nodejs
    

    npmからremotedebug-ios-webkit-adapterをインストール

    npm install remotedebug-ios-webkit-adapter -g
    
  6. iOSデバイスをPCに繋ぎ、iTunesを開き、「このコンピュータを信頼する」

  7. remotedebug_ios_webkit_adapterを起動

    remotedebug_ios_webkit_adapter --port=9000
    
  8. Chromeを開き、アドレスバーに chrome://inspect/#devices と入力

    Configureをクリックし、Target discovery settingsにlocalhost:9000を追加

  9. Safariでデバッグしたいページを開くとchrome://inspect/#devicesのRemote TargetにそのページのURLが表示されるのでinspectをクリック。するとDevToolsが立ち上がってそこからデバッグできる。

関連

【Windows】新しいユーザーにログオンできない、強制ログオフになる、ログオンできても設定が保存されない問題について

今日、Windows7に新しいユーザーを作成しようとしたところトラブルが発生したので解決策含め記述していく。

症状

  • 新しいユーザー(権限:標準ユーザー)にログオンすると、すぐログオフになりログオンできない。
  • 権限を管理者ユーザーに変更するとログオンできるが、ログオフやシャットダウン・再起動を行うと設定(マウスのスピードなど)が元に戻る。
  • また、ところどころおかしい (例: タスクバーを固定するのチェックを外せない、小さいアイコンを使えない)
  • 新しいユーザーを作りなおして何度やっても同じ

考えられる原因

ユーザーのプロファイルが壊れている。新しいユーザーはC:/Users/にあるDefaultフォルダのプロファイルを元に作られるため、ユーザーを作りなおしても同じ症状が出るということはDefaultのプロファイルが壊れている。

恐らくC:/Users/Defaultの中にあるNTUSER.DATファイルが壊れている。(Defaultプロファイルは隠しフォルダのため、コントロールパネル→デスクトップのカスタマイズ→フォルダーオプション→表示タブにある「隠しファイル、隠しフォルダーおよび隠しドライブを表示する」ボタンを選択し適用すると見えるようになる。)

解決策

他の同じOSからDefaultフォルダを取得して、それを新たなDefaultプロファイルとして設定する。

具体的なやり方

  1. 他の同じOSからDefaultフォルダをコピーし、それをDefault2とリネームしてC:/Users/にいれる。(Win7のDefaultフォルダはここにおいてある。以前のアップローダーが消えたため2016/04/16変更)
  2. レジストリエディタを開き「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList」のDefaultの値を「%SystemDrive%\Users\Default2」に変更。(レジストリエディタの開き方はスタートボタン→検索欄にregeditと入力)
  3. 再起動する。

これでも直らなかった場合のために他に関連していそうなサイトを載せておく。

他にもセキュリティソフトが原因という情報もチラホラみかけた。

今回参考にしたサイト

Windows7で新規アカウント作成 User Profile Service ログオンできない