【レビュー】開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質

表紙のフクロウがかわいい開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質を読み終えたのでその感想を書く。

この本は、JavaScriptのprototypeベースのオブジェクト指向について勉強しようと思っているJavaScriptに少し触れた初心者に非常に良い本だと思う。オブジェクト指向について全く知らない人がいきなりサイ本にいくより絶対に良い。

自分はというと愚かなことにサイ本に挑戦してしまった・・・当然いきなりサイ本を読んでも意味がわからない箇所が多く、継承やprototype、closureやapplyなどなど1つずつネットで調べて、自分で書いたコードをリファクタリングしまくって理解するようになった。だから実は既にある程度「開眼!」していたのでこの本で「開眼!」はしなかったのだが、きっとサイ本を手に取る前に読んでいたら「開眼!」していたように思う。

プログラミング経験が超浅い者にとっていきなりオブジェクト指向を理解するのは厳しく、自分も結構時間を割くことになった。また、JavaScriptはプロトタイプベースと言って、Javaのようなメジャーなクラスベースのオブジェクト指向と違うので、ネットでオブジェクト指向について調べても解説しているサイトはクラスベースについてが多かったり、プロトタイプベースを解説しているところでもクラスベースを知ってることを前提に書かれていたりと自分のGoogle検索の仕方が下手なのかもしれないが、ネットで1つ1つ別々に調べていくには少し面倒くさい。(ちなみに自分はこのサイトに非常にお世話になった【javascript初心者から中級者になろう】)

この本はそれらを体系的に学べるのでオブジェクト指向を知らないJavaScript初心者にとっては非常に効率的で有用な1冊である。コードも必要に応じて丁寧に載せられていて1つ1つのコードは非常にシンプルで理解しやすい。

しかし、ある程度オブジェクト指向に理解があったり、JavaScriptの継承の仕方を知っていたりするならネットで充分かもしれない。JavaScriptのプロトタイプベースのオブジェクト指向の基礎的な部分というのはそれ程複雑ではなく、抽象的思考というよりかは覚えるか覚えないかの問題だと思うので、ある程度概要を掴んでいる人ならネットで自分で調べながらコードを書いて記憶に留める作業をした方がいいかもしれない。やっぱり言語について理解するには本を読むだけじゃなくて自分でコード書いてそれを教材にしてリファクタリングしまくるのが自分は良いと思う。

ただ、この本はオブジェクトに関することはとにかく細かく、あまり実用的ではなさそうな部分もしっかり解説されていたり丁寧で面白い。

その他本書について

  • 全体に渡って同じ内容が繰り返し述べられている部分が多い(反復になって覚えやすいと思うか煩わしく感じるかは人それぞれ)
  • ECMAScript3を前提に書かれている
  • アクセサプロパティ(getterとsetter)については載っていない
  • 最後にしっかり理解できているか確認する付録がついており、自分の理解度を計ることができるので便利
  • この本は単行本サイズ、160ページ程で非常に読みやすい
  • 表紙のフクロウがかわいい

ということで丁寧で読みやすい本書は、サイ本に挑戦しようか迷ってるオブジェクト指向を知らない初級者のJavaScripterにオススメ。

自分は次にグッドパーツを読みます~。ヽ(´ー`)ノ

Amazon:開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質

【レビュー】開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質」への2件のフィードバック

    1. 数カ月前に読みましたー。
      最初見たときは私の理解力のせいか全然わからなかったのですが、よくまとまっているのである程度わかってくると非常に有用なスライドだと思います。
      そのスライドを書いた方の会社のブログを読んだこともありますが、オブジェクト指向に書かれているエントリーは大変助けになりました。
      こちらです。オブジェクト指向プログラミングを理解する為の4つのポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です