【JavaScript】IEのためにa要素のdownload属性を代替する

a要素のdownload属性を使えばchromeなどのモダンブラウザではコンテンツをダウンロードできるわけだが、IEはそうはいかない。例えば、下の画像をダウンロードする時、IE以外のモダンブラウザではこのように書けばダウンロードされる。

var a = document.createElement('a');
a.href = '/img/1.jpg';
a.download = 'neko';
document.body.appendChild(a);
a.click();
document.body.removeChild(a);

IEではダウンロードが実行されずにそのままページ遷移してしまうのがわかる。そこで今日は、代替方法を書く。

その方法とは、xhrでrequestを送り、blobで返してもらいそれをダウンロードするという方法だ。下がそのコードである。

var xhr = new XMLHttpRequest();
xhr.open('GET', '/img/1.png');
xhr.responseType = 'blob';

xhr.onloadend = function() {
	if(xhr.status !== 200) return;
	window.navigator.msSaveBlob(xhr.response, 'neko');
}
xhr.send();

IEにはnavigatorオブジェクトにmsSaveBlob(blob, fileName)というメソッドが用意されているようで、blobのダウンロードにはこれを使う。

もうすでにお気づきの方もいるかもしれないが、これは完全な代替方法にはなり得ない。なぜならxhrはクロスドメイン制限があるからだ。つまり、同一ドメインか、CORS(Cross-Origin Resource Sharing)に対応していないとダウンロードきない。そして、blobのやりとりはIE9以下は対応していない。しかし、使える機会はあると思うので、もしよかったら使ってほしい。

他にいい方法を知っているという方はぜひ教えてください><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です